« ◆ 東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(3)~講演「森づくりにかける志」畠山重篤さんのお話~ | トップページ | ◆ 東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(5)~大槌町・吉田律子さんのお話~ »

2012年9月 2日 (日)

◆東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(4)~森脇昭さんのお話~

宮脇昭さんは地球環境戦略研究機関国際生態学という長い機関のセンター長である。

なぜ今、木を植える必要があるのか。日本の大震災はもとより、世界の環境危機にある現在、人類を救えるのは森である。この不幸な危機をチャンスにして、9,000年持つ森をつくろうと提案している。

これまでも、森によって津波から守った、もしくは被害を少なく食い止めた例がたくさんある。

その土地にあった、その土地に必要な木を植えよう。日本各地の現地調査を行った結果、広葉常緑樹のタブノキがいいのではないかと言っていた。

「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」「いのちを守る300キロの森づくり」を提唱している。

畠山さん、宮脇さんのそれぞれのお話の後、2人の対談があった。

とても、有意義な話を聞くことができた講演会だった。

S20120118pict0023_2 畠山重篤さんと宮脇昭さんの対談

   

« ◆ 東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(3)~講演「森づくりにかける志」畠山重篤さんのお話~ | トップページ | ◆ 東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(5)~大槌町・吉田律子さんのお話~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583352/55558907

この記事へのトラックバック一覧です: ◆東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(4)~森脇昭さんのお話~:

« ◆ 東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(3)~講演「森づくりにかける志」畠山重篤さんのお話~ | トップページ | ◆ 東日本大震災被災地を巡る鎮魂と再生への祈りの旅(5)~大槌町・吉田律子さんのお話~ »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31