« 四国八十八か所のお遍路で踊る(6) | トップページ | 須藤武子先生の民俗舞踊の身体の研究 »

2018年10月11日 (木)

大道芸人・ギリヤーク尼崎の公演

朝日新聞10月2日(?)

大道芸人・ギリヤーク尼崎の公演

10月8日(日)新宿三井ビル55ひろばで。今回の新宿の公演はギリヤーク、

88歳で新作「果し合い」をひろうした。

私は2時開始なのに、2時3分過ぎに三井ビルひろばに着いた。もう、階段のところでも、橋の上でも見ることができない。2.3年前にここで見た時はまだ背骨が伸びていたが、今回は腰が90度に前傾して、車イスで移動していた。(介助の黒子の人が衣装を替えたり、車イスをおしていた)

出しものは「念仏じょんがら」。これは自分の足で踊ることができず、歩いたり、車イスで場内を移動。「果し合い」は衣装を着もの袴にして、戦うようなしぐさをしていた。詳しくはよく見えないので報道の人がビデオを撮っていたのをいつか見ることにしたい。

私は木の間からやっと見た。そしてギリヤークを撮ることができた。

今年、88歳、あと2年、2020年まで踊りたいと言っていた。すごい舞踊家としての執念だ!

沢山の見物人

木の間から、やっと見ることができた赤いのを着ているのがギリヤーク

« 四国八十八か所のお遍路で踊る(6) | トップページ | 須藤武子先生の民俗舞踊の身体の研究 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸人・ギリヤーク尼崎の公演:

« 四国八十八か所のお遍路で踊る(6) | トップページ | 須藤武子先生の民俗舞踊の身体の研究 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31