« 須藤武子先生の民俗舞踊の身体の研究 | トップページ | 四国八十八か所お遍路で踊る(8) »

2018年10月15日 (月)

四国八十八か所お遍路で踊る(7)

19日(水)48番西林寺から53番円明寺まで。途中51番の後、宝厳寺(八十八か所のお寺でないが)で一遍上人物語のイベントを入れる。

48番から51番まで光野さんグループ(光野さんのお母さん、妹さん、東京からの2人他)と同行。51番の石手寺では、三瀬さんが、お先達で参拝の手順、本堂、その他の見学、そして、私が踊る場所まで決めておいてくれた。舞台になっているところで踊らせていただいた。中央に観音様があり、周りに山岳信仰の修験道の像があった閻魔堂。(写真にあるように、立派な舞台)見てくれる人も10人ぐらいいた。宝厳寺では、まず、お寺の事務所に行き、「ここで一遍上人聖にまつわるイベントを行わせていただきたい」旨をお願いしたが、若い女性の住職さんがなかなかOKを出してくれない。最後は書類2枚に印鑑を3か所押して、許可を出してくれた。光野さんが「一遍上人物語を語り、歌い、私が踊った。見てくれた人の中には、一遍上人が出現した感じがしたと感激してくれた。

その後、52番、53番をまわって宿泊の58番近くの仙遊寺宿坊まで走った。(45キロぐらい先)

石手寺の閻魔堂で踊らしていただく

寶厳寺で一遍上人を踊る



« 須藤武子先生の民俗舞踊の身体の研究 | トップページ | 四国八十八か所お遍路で踊る(8) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国八十八か所お遍路で踊る(7):

« 須藤武子先生の民俗舞踊の身体の研究 | トップページ | 四国八十八か所お遍路で踊る(8) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31