無料ブログはココログ

« 古武術をヒントにダンス(舞踊)を――ナンバ的動き――すばやい方向転換ができる | トップページ | 古武術をヒントにダンス(舞踊)を―― 一瞬にして体を入れ替える「膝抜き」――「宙に浮く」 »

2021年1月29日 (金)

古武術をヒントにダンス(舞踊)を――卍の動き――すばやい方向転換、多様な動きに発展

卍の動きの効用

身体を捻じるのではなく、肋骨(上体のブロック)を平行四辺形にとしてつぶす。その時、膝の向き(下腿)も同方向に折る。(下体をつぶす)

これを一瞬のうちに右、左と行う

全身の大きな関節を一瞬のうちに動かす。身体の各部分に仕事を分担させ、一斉に動かす。

少ないエネルギーで身体全体が一斉に動くことが出来る卍の動きを身に付けると、より速く方向転換ができ。また、足先、手の先の方向を変えると多様な動きが次々とできる。スピードのあるダンスの動きを生み出すことが出来る技である。

と多様な動きが次々とできる。スピードのあるダンスの動きを生み出すことが出来る技である。

 

「井桁崩しの原理」

平行四辺形がつぶされて行くのをモデルにして、向かい合った辺が互い違いに、向きを変えて様々に変形することが出来ることを技の動きにした原理。

これにより捻じることなく、上体、下体・・・としてのボックスをつぶす身体操作ができる。

« 古武術をヒントにダンス(舞踊)を――ナンバ的動き――すばやい方向転換ができる | トップページ | 古武術をヒントにダンス(舞踊)を―― 一瞬にして体を入れ替える「膝抜き」――「宙に浮く」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31