無料ブログはココログ

« 古武術をヒントにダンス(舞踊)を――卍の動き――すばやい方向転換、多様な動きに発展 | トップページ | 古武術をヒントにダンス(舞踊)を――予備動作をつくらない動き――次の動きが読み取れない »

2021年1月30日 (土)

古武術をヒントにダンス(舞踊)を―― 一瞬にして体を入れ替える「膝抜き」――「宙に浮く」

軸や支点による対面の入れ替え(方向転換)には「踏ん張り」や「捻じり」が生じやすい。

一瞬にして対面を替える身体技法として、「膝を抜く」という動作がある。

漠然と立っているとき、背後から不意に膝を押されると、膝がカクンと抜け、尻もちをつくような格好になる。「膝を抜く」とはそんな感覚だ。

膝を抜いた途端に宙に浮く瞬間、態勢を入れ替えるようにして動く。

これは、踏み込んで(地面を蹴って)ジャンプして、態勢を替えるのとは全く違う。

支点を消すことで体を宙に浮かせて、予備動作をなくし、細かく割った身体の各部分を一斉に動かす。

身体を細かく割って、一斉に動かすことが出来れば、この「膝を抜く」技はスピードのある、目を見張るような動きをうみ出してくれる。

« 古武術をヒントにダンス(舞踊)を――卍の動き――すばやい方向転換、多様な動きに発展 | トップページ | 古武術をヒントにダンス(舞踊)を――予備動作をつくらない動き――次の動きが読み取れない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31