無料ブログはココログ

« 2021年2月 | トップページ

2021年3月

2021年3月10日 (水)

古武術をヒントにダンス(舞踊)を――”浮き“の原理――速い動きができるようになる

自分の体重を使う。

立っている状態だと、自分の体重は全部床にかかってしまっている(普通、立つという状態)。

浮きをかけるとは、動くときに、重心を宙に浮かせる(体の中で重心を移動させる)

浮きをかけるコツは、足の裏を踵から上げずに、水平に浮かせて推進する。

自分の重みを凝縮させる。そのためには、体を多く割って一つ一つの役割を全体で一斉に行う。パッと一瞬に行うことが出来れば、速く動けるし、威力も強い。

大事なことは

①足裏を水平に浮かせる。

②体を細かく割って、一斉に動く。

これは、原理としてある程度わかるが、実際に体で行うことは、なかなか難しい。

しかしこのようにできると、ダンスにおいては、すばやい動きが可能になってくるだろう。

2021年3月 2日 (火)

 古武術をヒントにダンス(舞踊)を――ゆっくり動く――正確に動くために

普段、動いている、ある一定の動作をゆっくり動く練習をしている。

ゆっくり動くことにより、身体のどこが使われているか感知することが出来る。

ゆっくり動くことが出来ない動作は、正確に速く動くことが出来ない。パッと動いてしまうと、その動作の始まりと終わりしか意識できない。だからその動作過程で無駄なことをたくさんしていても自覚できないでいる。

ゆっくり動いて、動きの過程を丁寧に意識することは、無駄な動きをなくしていく訓練にもなる。

速く動くと、習慣的な動きの神経回路に入ってしまう。

ゆっくり動くと――あらかじめ引いておいた動きの過程をきれいになぞる――速い動きも正確に動けるようになる。

« 2021年2月 | トップページ

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31